160925%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpeg

<写真・落を務めた田中>

9月25日、関西学院大学にて平成28年度関西学生リーグ戦(2部A)第2節が行われた。関学は京橘大と対戦し、63中-66中(全80射)で敗北した。
1立目、2立目で14中と好的中数を出すも、京橘大も13中、14と的中を伸ばし、僅差で一歩リードした。しかし、3立目からは関学の集中力が乱れ、4失中し逆転を許す。その後、関学のペースが戻ることはなくリードを許したまま最終立へ。大前が石川(国2)に変わって水山(国4)が入るも、的中は伸びず、63中-66中で黒星となった。
次戦は10月2日、15時より龍谷大学にて天理大と対戦する。

石川 ◯◯◯◯|XX◯◯|◯◯XX|XX◯X|◯X◯◯ =9/3(12)※(17本目より、水山)
岡田那(商1) ◯◯◯◯|◯◯◯◯|◯◯X◯|◯◯◯◯|◯◯◯◯=19
東田(商3) ◯X◯X|◯◯◯◯|◯X◯◯|◯◯◯◯|◯◯◯X=16
田中(法4) ◯◯◯◯|◯◯◯◯|◯◯◯◯|X◯X◯|X◯◯X=16


試合後のコメント
水山恵(女子責任者)「つけ矢(試合前の練習)の時には的中も雰囲気も悪かったが、初立から14中を出してくれてよかった。的中数は悪くないが、やはりあと一歩という感じ。来週からの残る2戦は午後から、他大学での試合となるため、自分たちで雰囲気をつくって頑張りたい」
落を務めた田中美咲「目の前の1本に集中し、出だしから好調だった。3立目からは失中が目立ったものの、これが今の実力だと思う。次戦からはもう負けられない」

このページの先頭へ