161002%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・18中を記録した東田>

 10月2日、龍谷大学弓道場にて平成28年度関西学生リーグ戦(2部A)第3節が行われた。関学は天理大と対戦し、58中―61中(全80射)で敗北した。
1、2立目は13中を出し、1中差でリードしながらもいい流れをつくれていた。しかし、苦手意識のある後攻だったということもあり、3、4立目で同中に。最終立、12中を出した天理大に対し関学は9中しか出せず58中―61中で敗北。これで関学は今季リーグ戦1勝2敗となった。
 次戦は10月9日、15時より大阪市立大学にて、龍谷大と対戦する。

岡田真(社1)◯◯◯◯|◯◯××|◯×◯◯|◯××◯|×◯◯× =13
岡田那(商1) ◯◯×◯|◯×◯◯|×◯×◯|◯◯◯×|◯◯×◯=8/12(14)13本目より、石川(国2)
東田(商3)◯◯×◯|◯◯◯◯|◯◯◯◯|◯◯◯◯|◯◯◯×=18
田中(法4)◯◯◯×|◯◯◯◯|◯◯××|◯◯◯×|◯×××=9/12(13)13本目より、水山(国4)

試合後のコメント
水山恵女子責任者「試合の流れ自体は良かったが、後攻に苦手意識があり的中率が下がってしまった。相手と同じくらいの力だったが、攻めきれるかどうかの差が出た試合だった。(次戦に向けて)練習での一本を大事にやっていく。夏休みも終わり授業も始まっているので練習の質を高めてやっていきたい」

このページの先頭へ