S__31219786.jpg
<写真・1年生ながら健闘した金子(国1)>
4月16日、大阪大学弓道場にて平成29年度新人戦決勝戦が行われ、関学は近大、関大と対戦した。結果は88中ー93中ー91中(全120射)で3位。優勝することはできなかったが、金子が20射17中と健闘を見せた。

試合後のコメント
五十嵐智紀主将(経4)「結果的に3位だったが良くも悪くも得るものが多かった。敗因は幹部陣が出場メンバー一人一人の力を発揮でさせてあげられなかったから。今年はエネルギッシュなチーム。これからの大会も全員弓道でがんばっていく」
健闘した金子「入部したばかりで不安もあったが持っている力を出し切れた。応援は心強く、うれしかった。今回の結果に悔しさは残るが、もっとがんばろうという気持ちになった」

このページの先頭へ