S__32694291.jpg
<写真・個人戦優勝を果たした岡田那(商2)>

4月30日、同志社大学弓道場にて第35回関関同立弓道選手権大会が行われた。男女ともに4チームが出場。男子はAチーム、女子はA、Cチームが予選を突破した。男子は調子が振るわず、決勝トーナメント1回戦で敗退。女子はAチームの3人が安定した的中を出し続けるも、優勝まであと一歩及ばず準優勝で終わった。個人戦は岡田那が優勝を果たした。

試合後のコメント五十嵐智紀主将(経4)「男女ともに調子が良いわけではなかった。その中でも頑張って結果を出した人もいた。そこは褒めるところ。これから大会の規模が大きくなるにつれプレッシャーも大きくなる。それに耐える力をつけていきたい」
個人戦で優勝を果たした岡田那々子「絶好調だとは思わなかったが、弓を引いたら当たった。優勝できてすごく嬉しい。大会が近づくにつれモチベーションが上がり、調子もよくなってきている。この勢いでこれからも頑張りたい」

このページの先頭へ