20170610%E5%BC%93%E9%81%93%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

<写真・団体予選で皆中したCチームの金子(国1)>
 
 6月10日、グリーンアリーナ神戸にて、第61回関西学生弓道選手権大会が行われた。女子団体はCチームが8中(全12射中)で予選を通過した。昨年優勝を果たした男子団体はBチームが13中(全20射中)で同中競射に進むも、決勝トーナメントへつなげることはできなかった。あす行われる個人決勝へは男子は8人、女子は4人が進出を決めた。
 
試合後のコメント
村上萌女子主将(教4) 「実力が出せずに終わってしまった。練習通りの射ができれば全員もっといい的中が出せたと思う。その中でも結果はともかくやり切れた人もいた。女子団体Cチームは今までやってきたことを気負わず精一杯やってくれた。あす出場する人は悔いのないようにのびのびと引いてほしい。予選通過できなかった人は出場する人のためにサポートや応援をすれば結果は出ると思う」

このページの先頭へ