20141124%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・第4Qで得点を決め、ガッツポーズを見せる小室>

 11月24日、大阪府ヤンマーフィールド長居にて第6回全日本ラクロス大学選手権大会準決勝(対名大)が行われ、関学は7ー6で接戦を制し、決勝進出を決めた。
関西王者として挑んだ今試合。第1Q(クオーター)8分にMF忠重(法3)のパスからAT日下(商3)が先制点を決める。その後も立て続けに2得点を挙げた関学だったが、第2Qに入ると、相手にペースを崩され、1点差まで詰め寄られる。第2Q17分に主将MF桑田(法4)が得点し、2点リードで後半戦を迎える。後半はAT坂本(経4)、日下、MF小室(経2)らが得点し、さらにリードを広げたが、最終Qでまさかの連続失点。試合終了ラスト1分で再び1点差に詰め寄られるも逃げ切り、勝利を収めた。これにより、関学は11月30日、11時30分より東京都駒沢オリンピック公園陸上競技場にて学生日本一を懸け慶大と対戦する。

  1 2 3 4
関学 3 1 1 2 7
名大 0 2 0 4 6

試合後のコメント
主将桑田健嗣「試合の入りは悪くなく、自分たちのやりたいラクロスができた。しかし、相手がしっかりと分析を行っていたので、第2Qからは苦しい展開となってしまった。最終Qでもファイナル3決勝のときのように連続失点してしまったので、次の決勝では最後まで集中力を切らさずに一つ一つの取り組みをしっかりとやっていきたい」
リードを広 げるミドルシュートを決めたMF小室祐樹(経2)「終盤はファイナル3決勝の反省を生かせなかった。自分たちがやりたかったラクロスができず、バラバラだったと思う。個人的にもミスが多く、オフボールの動きが悪くて流れを止めてしまうことが多かった。(ゴールシーンについては)気持ちで打った。今まで先輩方に迷惑をかけてきたので、自分が決めたいと思っていた。自信を持ってシュートまでいけるようになったのが収穫。決勝では周りを生かし、周りに生かされるようなプレーをしたい」

このページの先頭へ