150426%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9.jpg
<写真・得点後に喜び合う選手たち>

 4月26日、関西学院大学三田キャンパスにて新入生対象のモデルマッチが行われた。

女子(対OG)
 試合相手は歴代の主将やポジションリーダーばかり。だが、6ー3で現役が力を見せつけた。今井(文3)が2得点、松本莉(文3)が4得点と、新戦力と昨年からの主力がかみ合った試合となった。

男子(対大市大)
 今試合は2、3年生のみが出場。エースの小室(経3)が2得点1アシストの活躍を見せるも4ー4で引き分け。2部のチーム相手に課題が多く残る試合となった。
 初めてラクロスを見た新入生は男女どちらの試合にも目を輝かせ、ビッグプレーには大きな歓声を上げていた。

試合後のコメント
女子主将山本咲(文4)「とりあえず、勝ててよかった。得点を決めた今井と松本は、これからの得点源になっていく2人。1on1だけでなく、連携した攻撃の精度をこれから上げていきたい」
男子副将島浩介(経3)「4年生がいないなかでも、相手が2部のチームなので圧倒したかった。先制点も取られたし、このままでは1年後に勝てないと思う。来週のフレッシュマンズフェスタは2、3年生にとって集大成となる。KGラクロスはどういうものかを見せたい」

このページの先頭へ