150913%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・公式戦初ゴールを決めた上枝>

 9月13日、神戸三田キャンパスにて関西学生Bリーグの4戦目(対関大)が行われた。序盤に先制点を許すも、ディフェンス陣が堅い守備で前半をわずか2失点で抑える。オフェンス陣も徐々に足が動き始め、計8人で9点を取った。特にセカンドセットで2点取れたことは今試合の収穫であり、上枝(経4)が公式戦初ゴールを決めた瞬間は、歓声が沸いた。最終Q(クオーター)は疲れも見え始め、連続失点を許したが9ー5で逃げ切り勝利。開幕戦の敗戦からは負けなしの3連勝とした。次戦(対京産大)は9月23日に神戸三田キャンパスにて行われる。

試合後のコメント
Bチームコーチ安藤祐貴(経4)「前半はディフェンス陣が奮闘してくれて、足の動いていなかったアタック陣も徐々に動き始めた。関大はなかなか手強かったが、勝てたのは大きい。最近は2年生も成長が著しいので頼もしい。次の京産大戦も必ず勝って、最後の京大戦に全力で立ち向かっていきたい」

このページの先頭へ