150929%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・試合後観客にあいさつをするBチームコーチ安藤>

 9月29日、京都大学宇治キャンパスグラウンドにて関西学生Bリーグの最終戦(対京大)が行われた。きょう負ければ、次のステージの進出権が失われる可能性が高くなる大事な一戦。優勝候補の京大に、2年生を中心に何とか食らいついた。3ー3で前半を終え、迎えた第3Q(クオーター)。開始早々2点を決められ、力尽きたと思われたが、同Q10分、AT春川(人2)が、厳しい姿勢からもゴールに向かい、得点を決め、1点差に追い上げる。その1分後にはMF山下(経2)がゴール。意地の同点弾だった。だが反撃もそこまで。最終Qは攻め込まれ、必死の守備もかなわず2点を決められ、5ー7で京大に敗れた。

試合後のコメント
Bチームコーチ安藤祐貴(経4)「勝てなくて残念だった。それでも途中の追い上げはみんな頼もしかった。技術的にも精神的にも成長してくれたことが見えてうれしかった。これからもBチームからAチームに1人でも多くの選手が上がることを最大の目標として、残りの期間はやっていきたい」

このページの先頭へ