20151011%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B9%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F.JPG
<写真・今試合、けがからの復帰を果たした主将山本>

 10月11日、龍谷大学瀬田キャンパスにて、第26回関西学生ラクロスリーグ第7戦(対大体大)が行われ、関学は5ー11でリーグ戦初黒星を喫した。
 主力を温存し、下級生中心で臨んだ今試合。前半開始早々にMF細川(国2)が先制ゴールを決める。直後に同点とされるも、細川、AT林(人2)が立て続けに得点を奪い、試合を優位に進める。しかし、前半終了間際に2点のリードを追い付かれると、後半は相手の攻撃を止められず7失点。攻撃陣はミスを多発し攻撃を組み立てられず、得点はMF三浦(経3)の1点のみ。5ー11と差を広げられ、けがから戻ってきた主将山本(文4)の復帰戦を白星で飾れなかった。
 今試合をもって、リーグ戦は終了。関学は通算成績を6勝1敗とした。次戦は11月14日に行われるファイナル3決勝。関西3連覇を目指す。

試合後のコメント
主将山本咲「関学はベストメンバー以外も強いというのを見せたかったが、個の力が足りなかった。グラボからパスまでの流れを意識していたが、ボールを取ってからの動きができなかったのが一番の要因。(6勝1敗でリーグ戦を終えたが)下級生が目立つ試合が多かったのは良かったが、全勝で終わらないといけなかった。関東にはまだまだ追い付けていない。ファイナル3決勝は目標の日本一につながるように、圧勝する」

このページの先頭へ