151226%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・得点を決め喜ぶ選手たち>

 12月26日、大阪府舞洲運動公園にてウィンターステージ決勝トーナメントが行われ、関学は園女大に敗れ、関西ベスト8で今シーズンの戦いを終えた。前半2分、先制点を決められるも、AT古林(教1)がフリーシュートで、同点に追い付く。そのまま流れに乗り、MF吉岡(教1)がシュートを決め、逆転するもドロー、グラボを取りきれず得点を許す。2ー5で前半を折り返し、反撃を狙うも、相手の勢いに押され、4ー6で試合終了となった。

試合後のコメント
1年生コーチ井筒朱音(人4)「きょうはボールを持つ時間が少なかった。1on1が強みなのに、そこまで持っていけてなかったのが敗因だと思う。でも1年間で自分たちで考えるようになったところが一番成長したところ。これからも今のがむしゃらさを忘れずに日本一まで、仲間を大事に突っ走っていってほしい」
1年生リーダー長村由紀乃(人1)「絶対優勝しようと思っていたけど、今までやってきたことが思うようにできなくて、納得のいく負けでもなかった。ボールを持ってもパスを出すことばかり考えて、ゴールに向かう姿勢が見られなかった。これからはチームの課題であるグラボを修正して、新たな課題を見つけられるようにしていきたい」

このページの先頭へ