20171101%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・決意表明をする林主将>

   11月1日、関西学院大学上ヶ原キャンパスにて、ファイナル4に向けた壮行会が行われた。今年も男女ともにファイナル進出。部長、監督、OBGから激励の言葉が送られ、鬼頭女子副将(社4)、甲斐男子副将(法4)、山下男子主将(経4)と林女子主将(人4)がそれぞれの決意表明を述べた。

コメント
女子副将鬼頭加奈美 「チームがどんな状況でも前を向いてラクロスができているのは、たくさんの人が支えてくれているからです。その方たちに日本一という結果で恩返しがしたいです。私はこのチームで日本一が取りたい。そのために関西制覇を成し遂げることが必須だと思います。日本一を取るという気持ちを全員が持って頑張りましょう」
男子副将甲斐輝文 「自分の決意表明として感謝の気持ちを忘れないということです。周りの方がサポートしているからこそ自分たちが高い目標を持ってラクロスができているということをみんなには知ってほしい。ここからの勝負は簡単に勝てる相手ではありません。勝敗を左右するのは日本一への強い気持ちだと思います。日本一を取るという強い気持ちを持って戦いましょう」
女子主将林愛莉 「みんなには自分のなりたい姿になれているか再確認してほしいと思います。日本一のために何ができるのかを考えてほしい。日本一のためには全員が求め合うこと、成長続けることが大切です。常に試合を意識して、最後まで突っ走りましょう」
男子主将山下悟史 「今自分がラクロスができている環境が当たり前じゃないことを理解して、両親やOBGの方やコーチに感謝の気持ちを伝えてほしいです。自分が1年生の時に決めた、主将になって学生日本一を取るという目標を達成して笑って引退したいです」

このページの先頭へ