hp-kg

ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

体育会では様々な人が活躍する場―。いろんな人を求めています。ということで今回のHP企画は
ヨット部タイトル


ピックアップするのは、ヨット部。夏期合宿の一日を通してマネージャーの活動を徹底解剖!?


タイムスケジュール というわけで8月8日にヨット部の活動拠点・新西宮ヨットハーバーに私、関学スポーツ編集長がお邪魔しました。ヨット部は週5日を1クールとした夏期合宿の真っ最中。この日は新しいクールの初日だったようです。この日のスケジュールは右表の通り。けっこうしっかりしたメニューですが、マネージャーはどのように活動しているのでしょうか?

 4回生は最後の年、ということもあり全員が合宿に参加していますが、3回生以下は基本的にシフトを組んで合宿に加わる、というシステムだそうです。この日は4回生3人、3回生以下が1人ずつの6人のマネージャーが練習参加していました。

ピカピカの新月Ⅲ号 プレーヤーが集合し、続々と出艇(ヨットを海へ出すこと)するため準備しています。マネージャーはハーバーでお留守番?いえいえ、ちゃんと海へ出ちゃいます。ボートを操縦して海上で選手をサポートします。実はこの「新月Ⅲ」は7月末にヨット部に来たピカピカの新しい船だそうです。これを操縦するには、当然船舶免許が必要です。「え?免許?」と思うかもしれませんが、新月Ⅲを動かすための小型船舶2級という免許はそれほど難しいテストはなしで取得できるそうです。なので2回生以上のマネージャーは全員この免許を持っています。中には自動車免許はまだだけど船舶免許は取れた、なんて人も・・・。ちょっとめずらしい免許だし、履歴書に書いたら注目されるかも?

潮風に吹かれながら


 さて、午前中の海上での練習を終え、プレーヤーが帰ってきました。マネージャーはというと、お昼御飯の準備をしています!!プレーヤーの体調管理のために、そしてコスト削減で部員への負担を抑えるため、マネージャーの手作り料理がふるまわれます。この日のメニューはやきそば。部員全員の分を作らなければいけないので、その量なんと30人前!!超大盛りやきそばでした。


測定中  食事を終えると再び海へ。海上ではヨットの操縦法などのスキルアップを目指す基礎練習のほかに、試合さながらのレースを行う実戦練習も行います。その時にはマネージャーも実戦モード。大会で実際に使われる「マーク打ち」を行います。ヨットは海上に設置してあるブイ(浮き)をいかに早く回ってゴールできるかという競技。そのブイをセッティングする作業を「マーク打ち」と言うそうです。マークを打つには、その日の海と風の状態を測る必要があります。計測器を使って風量や風向を測定して、ブイをセットしていくマネージャーたち。測定の速さだけでなく、正確な船の操縦テクニックで次々とブイがセットされていきました。
記録中
 マネージャーは、マーク打ちだけでなく、競技のルールに対する知識も豊富。競技中の指示はさまざまな旗で行われるのですが、そういったものの管理や連絡もマネージャーの仕事。聞いてみたところ、新入部員の教育もマネージャーが行うそうです。ヨット部担当3年目にして、まだルールが覚えきれない編集長も、一度ちゃんと教わったほうがよさそうです・・・。




配膳中  午後の海上練習を終え、プレーヤーは解装(ヨットをパーツごとに分解して艇庫にしまう作業)後、陸上トレーニングに出発。今日のメニューは甲子園までのランニングだそうです。一方のマネージャーは晩御飯の準備。おかず3品(こんだて聞くの忘れた・・・)とみそ汁にご飯が次々と配膳されていきます。慣れた手つきであっという間に準備できてしまう光景にはちょっとビックリしましたが、そうこうしているうちにプレーヤーが帰ってきました。

夕食風景  晩御飯中の部員たちに話を聞いてみました。ヨット部にはどんなマネージャーいますか?という質問には、「活発な人」「芯が強い人が多い」「心の支えです」という声や「人生の相談役」「恋愛相談にのってもらいます」といった面倒見のよさがうかがえる答えが返ってきました。どんな人にマネージャーになってほしいですか?という質問には、「声がでかい人」というモロに実践的な意見や、「何がひとつのことに打ち込める、もしくは打ち込みたい人」というしっかりした答えも。中には「かわいい子っすかねー」なんて答えるヤツもいたりしましたが・・・。

 食後は、ミーティングと座学という勉強会が行われるということですが、編集長は食事が終わるころにハーバーを後にしました。ヨット部のみなさん、本当にご協力ありがとうございました。

 ヨット部のマネージャーを追っかけて僕が感じたことは、マネージャーに限らず、ヨット部の活動はかなり専門性が高いなぁということです。経験者も多いですが、大学から始めたという部員もたくさんいます。マネージャーは全員が大学からヨットの世界に入った人ばかり。入部してからいろいろな知識を身につけて部を運営しています。全く未知の世界だけに、得たものも多かったんじゃないかな、と思いました。そしてマネージャーどうしの仲がめちゃくちゃいい!!ドロドロした関係はちょっと・・・という人も気兼ねなく入っていけそうです、ヨット部。いかがですか?


 さて、ここまでレポートをお読みいただいてちょっとでも興味が出てきちゃったアナタ!!ヨット部はマネージャーを猛烈に募集しています。詳細や連絡方法などは、ヨット部のHPをご覧ください。特に1回生のマネージャーが必要だそうです。ぜひぜひご連絡してみてください。

ヨット部HPはこちら
ヨット部マネージャーのブログはこちら


まだまだある!?マネージャー募集中の部(準備中)