hp-kg

ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

軟式野球部の練習取材に行ってきました!



 今回は、全日を間近にひかえた軟式野球部の練習を取材してきました!この日は気温32℃の猛暑、しかも合宿3日目ということで、選手たちの疲労はピーク。しかしグラウンドには、そんな疲れを見せることなく元気に練習に励む彼らの姿がありました。


■スケジュール
<午前>
フリーバッティング.JPG  

 軽いアップとダッシュの後、午前中はフリーバッティングから練習を開始しました。個々の選手がそれぞれに課題を持ち、皆が声を出し合いながらチームのモチベーションを高めていきます。


筋力トレーニング.JPG  


 またフリーバッティング以外では、グラウンドの端で筋トレに励む選手、またランニングをする選手もいます。この後昼休憩に入りましたが、その間も黙々と個人練習をする選手の姿が見られました。



<午後>
実戦形式の打撃練習.JPG

午後に入ると、この日の暑さは最高潮に。炎天下、一本打ちという試合形式の練習が始まりました。この合宿で全日メンバーが決定するということもあり、選手たちは、公式戦と変わらぬ真剣な表情。それでも、暑さもあってか徐々に疲れが見え始めます。

実戦形式で守備練習.JPG


 しかし、主将が「元気出していこうぜー!」と一声かければ、チームは再び活気を取り戻します。こうして一本打ち練習の後も、ノックなどが行われ、この日約7時間に及ぶ長い練習は終わりました。



■主将コメント 福本大輔(経4)

主将の福本.JPG ―合宿の様子はどうですか?
例年より声も出ているし、集中力も持続しているので、とてもいい雰囲気ですね。

―全日にむけて、勝利のカギとなるのは何でしょうか?
リーグ戦から意識してやってきたのですが、ミスのない守備、バント、走塁などをすることです。全国レベルになると相手ピッチャーのレベルが高く、なかなか打てないので、丁寧なプレーで守り勝つ野球をしなければいけないと思っています。

―メンバーは決まりつつありますか?
4年生中心のメンバーになると思いますが、もちろん普段一生懸命練習に励んでいる選手にもチャンスはあります。またメンバー以外の部員が支えてくれる力も大きいので、全日はチーム全員の総力戦になると思います。

―では全日に向けて目標をお願いします。
初戦から厳しい戦いが予想されるので、全員で力を合わせて頑張ります。目標はもちろん優勝です!



■まとめ

 全日に向け最後の追い込みということで、練習には緊張感があり、チームもとてもいい雰囲気でした。また個々の意識も確実に高まっている様子でした。この調子で全国大会までの期間を充実したものにしてほしいです!


■全日情報

第59回全日本大学準硬式野球選手権大会
日程:平成19年8月18日(土)~8月23(木) 予備日:24日、25日
会場:フルキャストスタジアム宮城他
開会式:8月18(土)16:30~(於・仙台市民球場)

関学の試合日程
【2回戦】 8月20日(月)9:00~ VS専修大学と金沢大学教育学部の勝者
【準々決勝】8月21日(火)12:30~
【準決勝】 8月22日(水)10:00~
【決 勝】 8月23日(木)11:00~
※ 会場はすべてフルキャストスタジアム宮城


皆さん、2年ぶりの全国制覇を目指す彼らに、熱い声援をお送りください!

                        (企画・記事・撮影 堀菜々・石堂和輝)