ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

ノーブル.bmp


NOBLE STUBBORNNESSとは?
 NOBLE STUBBORNNESS(高貴な粘り)はノーブル・スタボーネスと読み、高商時代に関学OBの畑歓三氏が庭球部顧問として部員に授けられた言葉である。これは英国の詩人John Drydenの詩の一節、”LET US CONTENT WITH NOBLE STUBBORNNESS”から引用されたもので、文字通り高貴な粘りを発揮して、日々の鍛錬・試合に臨む精神であった。この言葉は板に刻まれて庭球部のコートに掲げられたという。これが次第に他部にも伝わり、体育会のモットーとして今日まで至っている。


●【234号】 坪井雄太郎 「」
●【233号】 大野正貴 「」
●【232号】 西尾鈴香 「」
●【231号】 藤野裕子 「」
●【230号】 竹下貴佳子 「」
●【229号】 大岡諭史 「Mastery for service」
●【228号】 濱脇佑香 「スポーツの力」
●【227号】 天宅佐季 「いつもと違う甲子園」
●【226号】 飯田有沙 「よき出逢い」
●【225号】 隠岐隼 「理想の紙面」
●【224号】 清水翔太 「空の翼」
●【223号】 和氣大輔 「必見!」
●【222号】 加地早織 「楽しむこと」
●【221号】 立松佑果子 「顔晴る」
●【220号】 平田かのこ 「桜の時」
●【219号】 篠原沙耶 「輝き」
●【218号】 島崎綾 「あの日の三日月」
●【創刊50周年記念特別号】 下山花織 「」
●【217号】 浜出麻央 「秋を迎えて」
●【216号】 中原いずみ 「手紙から教わったもの」
●【215号】 高柳実奈 「ハローグッバイ」
●【214号】 岡崎心 「座右の銘」
●【213号】 福本彩 「素直な気持ち」
●【212号】 高松佳裕 「努力!」
●【211号】 山本大輔 「今は死ねません」
●【210号】 豊田彩実 「敏感すぎる人」
●【209号】 村田佳奈美 「別れが私にくれるもの。」
●【208号】 立山祐希子 「応援が与える力」
●【207号】 渡部万里 「」
●【206号】 松元千明 「出会いを通じて」
●【205号】 上園有紗 「『オタク』で有意義な4年間を」
●【204号】 松永祐美 「つらいことの先にあるもの」
●【203号】 大和健治 「今思えること」
●【201号】 佐藤潤優 「薔薇を咲かそう」
●【200号】 坂口功将 「いまを駆ける。」
●【199号】 丸山夏季 「 精一杯の『ありがとう』」
●【198号】 高橋恵子 「女性の幸せ」
●【196号】 堀菜々 「自分探し」
●【195号】 林晋太郎 「自分のリズムで」
●【194号】 高見亘 「僕にとっては大きな心配事」
●【193号】 中山紗智子 「感謝の気持ち」
●【192号】 福島早知子 「伝えたい―」
●【191号】 宮脇雅康 「原点回帰」
●【190号】 大森恭子 「あきらめない気持ち」