10月28日、宝が池球技場に於いて2012関西大学Aリーグ第4戦が行われ、関学は10ー26で立命大に敗北した。セットプレーをことごとく封じられた関学は、立命大ディフェンスを崩すことができなかった。5ー12で迎えた後半、雨も止み巻き返しを図る関学だったが、モールで押し込まれるなど、立命大の強力なFWを前に14失点。10-26で敗北し、リーグ戦2敗目を喫した。

試合後のコメント
主将・藤原慎介(商4)「ディフェンスからプレッシャーをかけたかったが、自分たちのラグビーをさせてもらえなかった。今後の課題はセットプレーを安定させること。もう一度1から作りなおしていく」

このページの先頭へ