9月24日、立命館大学梅田キャンパスにて、2013関西大学Aリーグプレスカンファレンスが行われた。関西大学Aリーグに所属する全8チームの監督と主将がリーグ戦開幕に向けてチームの現状や意気込みを述べた。昨年は関西大学Aリーグ3位に終わり、大学選手権ではセカンドステージ敗退と悔しい結果となった関学。今年は関西優勝そして、その先にある日本一を目標に掲げている。実力が拮抗(きっこう)し、激戦が予想されている今年の関西大学Aリーグ。関学は9月29日12時から宝ヶ池球技場にて京産大とのリーグ初戦に挑む。


コメント

監督・野中孝介

「フィットネス、デイフェンスの基本スキルは継続して強化してきた。それに加え、コンタクトとブレイクダウンの強化に重点を置き取り組んでいる。コンタクトはレベルアップしている。関西大学Aリーグは基本レベルが高いので、チャレンジャーとして挑んでいきたい」

主将・畑中啓吾(商4)

「今年のチームはデイフェンスでの運動量はあるので、試合でも生かして戦いたい。ブレイクダウンで相手にプレッシャーをかけ試合の流れをつかんでいきたい」

このページの先頭へ