20141025%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%83%A8.jpg
<写真・前半35分、WTB野方(人2)がトライを決め、笑顔で迎えるCTB村田(経3)(左)とLO石松(商3)>

 10月25日、近畿大学ラグビー場にて2014ジュニアリーグ第4戦が行われ、関学は近大に41‐21で勝利した。前半1分、No8中川(人3)が先制トライを奪うとその後もテンポ良くパスを展開し前半を26ー7で折り返す。後半では関学のミスから近大にトライを許すも、リードを保ち続けジュニアリーグ4勝目を手にした。

試合後のコメント
初の公式戦出場を果たした山田一平(商1)「大学初めての公式戦で緊張感があったが楽しかった。自分たちのペナルティから近大にトライを奪われてしまった。自分たちのミスは練習で意識して直せることだと思う。プレーの精度を高くしていき、相手の嫌がるパフォーマンスをしたい」

このページの先頭へ