20141101%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%83%A8.jpg
<写真・試合終了間際、トライを決めたWTB中野>

 11月1日、鶴見緑地ラグビー場にて2014関西学生Aリーグ第4節が行われ、関学は大体大に61‐14で快勝した。試合開始直後、いきなりFL中村(社4)がトライを決めると、その後もテンポ良くパスをつなげ得点を量産。42‐7で前半を折り返す。続く後半でも関学ラグビーを展開したかったが、相手のペースに耐えることができずトライを奪われる。それでも試合終了間際WTB中野(文3)がトライを奪うなど計3トライを奪い、61‐14で勝利した。

試合後のコメント
主将鈴木将大(商4)「全体を通してFWが走ってボールをつなぐことができた。だが後半では横着になった部分もあった。次の立命大戦まで2週間あるので細かいところのミスをなくしていきたい」

141101rugby.jpg

このページの先頭へ