20141102%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%83%A8.jpg
<写真・試合を終え、応援してくれたチームメイトに一礼する選手たち>

 11月2日、関学第2フィールドにて2014年関西学生ジュニアリーグ第5戦が行われ、関学は0‐39で天理大に敗北し通算成績を4勝1敗とした。序盤から自陣に攻め込まれ流れに乗れない関学。トライを奪えないまま前半を0‐15で折り返す。後半もペナルティが多く、相手のペースで試合が動く。終盤には立て続けに得点を許し0‐39でジュニアリーグ初黒星を喫した。優勝に向けもう負けることはできない関学。次戦11月9日に再び関学第2フィールドにて立命大との一戦に挑む。

試合後のコメント
ゲームキャプテンを務めた長野成吾(経4)「試合全体を通してペナルティが多く流れに乗りきれなかった。ブレイクダウンの部分を練習で修正して来週は必ず勝つ。全員が流れを変えようと必死だったが、優勝するためにもう負けるわけにはいかない」

このページの先頭へ