11月16日、同志社大学ラグビー場にて2014ジュニアリーグ第7戦が行われ、24‐64で関学は同大に敗北した。前半から同大に主導権を握られ、立て続けにトライを決められた関学。12‐31と大きくリードを許し迎えた後半では、両者得点を奪えない状況が続いた。だが同大のトライから試合が動き出すも関学が後半に奪ったトライはわずか2本に終わり、24‐64で敗れた。関学はジュニアリーグ通算4勝3敗となった。次戦は11月22日に関学第2フィールドにて最終戦となる関大との一戦が行われる。

試合後のコメント
野方大智(人2)「相手の攻め方に対応することができなかった。戦術というよりメンタル面に課題があると思うので、次戦ではメンタル面にも重点を置いて戦う」

このページの先頭へ