20151107%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC.jpg
<写真・前半トライを挙げたFB黒石>

 11月7日、関西学院第2フィールドにて2015関西大学ジュニアリーグ第5節が行われ、関学は京産大に53ー29で勝利した。
 関学は前半開始直後、WTB野方(人3)が先制のトライを決める。さらに、同4分にはCTB金淳(経2)がトライを挙げ、スタートダッシュに成功。しかし、前半終盤に京産大に立て続けにトライを奪われ前半を17ー15で折り返す。
 後半は入りが悪く同4分、9分と京産大に連続トライを許したが、中盤FB黒石(経1)が積極的にゲインし、同24分にこの日2つ目のトライを挙げチームを勢い付けた。その後切り替えたチームは関学の持ち味である早いパスで53ー29と差をつけて白星を飾った。
 次戦は11月15日、関西学院第2フィールドにて第6節(対関大)が行われる。

試合後のコメント
前半、後半共にトライを挙げた黒石涼介「自分たちのペースでテンポよく攻めることができた。後半はそれを継続して全体の空気を変えていこうという気持ちだった。次戦の関大戦は今回できたことをしていきたい。チーム全体が勢い付くように、ディフェンスでもコミュニケーションをしっかりとってチームに貢献したいと思う」

このページの先頭へ