20160912%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・壇上で意気込みを語る清水主将>

 9月12日、立命館大学梅田キャンパスにて、2016ムロオ関西大学ラグビーAリーグプレスカンファレンスが行われた。
 9月25日より開幕する関西大学Aリーグに所属の8校が集結。各校の監督と主将が、今シーズンに向けての意気込みを語った。
 昨シーズン、史上初の1位から最下位に転落という結果に終わった関学。今年は心機一転し、清水(商4)主将を筆頭に「革新」というスローガンを掲げ、関西制覇を狙う。
 関学は大阪府鶴見緑地球技場にて、関大との伝統の関関戦で初戦を迎える。

清水晶大主将「ここまで長い1年だったが、リーグ戦が始まれば一瞬。春、夏を通してテンポの早いラグビーを確立できた。自分の指示、判断で試合は決まるので、開幕までゲームメイクを磨いていきたい。昨年は8位だったので失うものはない。初戦で関大に勝って波に乗りたい。目標は関西制覇。自信はめちゃくちゃある。簡単な試合はないが、自分たちのラグビーをして勝ちたい」

このページの先頭へ