20161001%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ゴールライン20㍍手前から快足を武器にトライを挙げた吉田>

 10月1日、関西学院第2フィールドにて2016ジュニアリーグ第3節が行われ、関学は龍大に54-7で白星を挙げた。
 関学は前半14分、龍大に先制トライを決められるが、同18分にFL柴原(法4)がトライを奪い反撃。同37分にはWTB鮫島(人3)がターンオーバーからの逆転トライに成功した。その後、試合は動かず14-7で前半が終了した。後半は開始直後の同1分にSH山内一(経3)がディフェンスから抜け出しパス。受け取ったPR原口(人1)がトライを決め、チームを勢い付ける。同16分にはWTB吉田(経2)がゴールライン20㍍から相手のボールを奪い爆走し、トライと。同37分には交代したSH金大(法4)もこぼれたボールを拾いトライを挙げるなど得点を重ねて、今シーズンからジュニアリーグ参戦となる龍大を相手に力の差を見せつけ54-7で勝利。これによりジュニアリーグ通算成績を2勝1敗となった。
 次戦は10月15日に大体大と関西学院大学第2フィールドで行われる。

このページの先頭へ