170204%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg<写真・新主将を務める赤壁>
 2月4日、関西学院会館レセプションホールにて、KGURFC2016年度納会が行われ、新体制が発表された。

監督 牟田至
主将 赤壁尚志(教3)
副将 山田一平(商3)
主将 藤井優弥(社3)
FWリーダー 石井大介(国3)
BKリーダー 市橋誠(社3)

 新監督には2008年度に関学を51年ぶりの関西制覇に導いた牟田氏が就任。8年ぶりの復帰となった。主将の赤壁はHOでの昨季までリザーブ出場が続いたが、持ち前のリーダーシップと明るさでチームを盛り上げる。副将の山田は昨季終盤にスタメンに定着し、SOとして司令塔の役割を担う。主務の藤井は例年にないスタッフからの選出となった。

 また、部内の優秀選手に贈られる各賞も発表された。
【貝元杯 】
岡部崇人(人4)《FWとしてリーグ全試合で体を張り、チームの中心選手として活躍。来年度で登録4年目のため、関学でプレーを続ける》
【高岡杯】
金淳英(経3)《BKとしてリーグ全試合でディフェンスの要としてピンチを防ぎ、オフェンスでは縦の突破でチャンスを演出した。今年度の関西学生代表に選出が決定》
【西村杯】
勝川燿(商2)《2年生ながらリーグ全試合に出場。献身的なタックルでチームを鼓舞し続けた》
【監督賞】
中孝祐(商1)《安定したアタックで相手を翻弄。セブンズ日本代表にも選出された期待のスピードスター》
【新人賞】
杉原立樹(文1)《見るものを魅了するライン突破と、惜しみなく体を張るディフェンスを見せる仕事人。関大戦ではマンオブザマッチを受賞した》
1年時に関西制覇、2年時に最下位、昨季も6位と天と地を味わってきた3年生が、明日行われるキックオフミーティングから、ラストシーズンを迎える。

新主将挨拶
赤壁尚志新主将「今年の目標は関西制覇、打倒天理です。去年、悔しい思いをした4年生の思いを背負って、結果にこだわっていきます。きつい練習、苦しい練習が多いと思いますが、勝つために覚悟を持って、背中で、言葉で4年生が引っ張ります。熱いプレーや姿勢を表現するところが、関学に足りていないと感じているので、全員がグラウンドで熱さを共有して、試合に勝ちたいと思います」

このページの先頭へ