DSC_0054.JPG
<写真・同大の主将、トライくんと笑顔で撮影に応じる赤壁主将>

 9月11日、京都府下鴨神社にて、2017ムロオ関西大学ラグビーAリーグプレスカンファレンスが行われた。
 9月30日より開幕する関西大学Aリーグに所属する各校の監督と主将が、今シーズンに向けての意気込み、チーム状況を語り、安全祈願の祈祷を行なった。
 今年、「PRIDE」をスローガンに掲げ、新監督に牟田監督を迎えた関学。新体制の元、4年ぶりの関西制覇を狙う。
 関学は9月30日に京都府宝ヶ池球技場にて、昨年2位の同志社大との初戦を迎える。

コメント
赤壁尚志主将(教4)「菅平合宿では関東の強豪と対戦し、いいところも悪いところもあったがチーム力は着実に上がっている。理想はディフェンスで粘ってロースコアで勝つゲームだが、最後はどれだけ熱くプレーできるかという気持ちが重要になって来る。初戦の同大戦はその後のリーグ戦にもつながる大事な試合。まずは同大に全てを捧げて、勝利を収めたい」
藤井優弥主務(社4)「(リーグ戦が)いいよだなって思う。楽しみだという気持ちが大きい。勝つことも大事だが、誇れるチームを作るという目標を達成するために主務としてプレーはできないが応援してくれる人への感謝であったり、挨拶などの細かいところで積極的に動いていきたい。初戦から強い相手と連続して戦うが、1戦1戦を大事に、最高の状態で戦っていきたい」

このページの先頭へ