DSC_4997%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
<写真・逆転トライを決めた勝川を祝福する選手たち>

 9月30日、京都府宝が池球技場にて2017ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第1節が行われ、関学は同大に21-14で勝利した。
 関学は前半に2トライを決められるなど昨年度までの力量差が現れているような苦しい立ち上がりとなったが、後半3分WTB藤井(法4)のトライを皮切りに、同16分にCTB金(経4)、同30分に途中出場のFL勝川(商3)がトライを奪い逆転に成功、その後も粘り強いディフェンスを見せ、21-14で関学が勝利、リーグ戦白星スタートとなった。
 次戦は10月8日、京都府宝が池球技場にて昨年度優勝校天理大学との一戦に臨む。

試合後のコメント

赤壁尚志主将(教4)「これまでの苦しい練習がやっと報われたと思った。前半は相手のペースだったが、後半は風も味方し自分たちのペースに持っていけることができ、ロースコアの試合ができた。きょうはみんなで喜んで、明日からは次戦の天理大戦に向けてさらに精度を磨いていく」

このページの先頭へ