20171008%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B0.jpg
<写真・試合後整列する関学フィフティーン>
10月8日、京都府宝が池球技場にて2017ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第2節が行われ、関学は昨年度王者天理大に0-47で敗北した。
前半粘り強い守備を見せ、天理大の攻撃を封じた関学。しかし、前半ロスタイムに天理大に先制トライを決められる。0-7で迎えた後半。同5分に追加点を奪われると完全に流れをつかまれた関学は大量失点。0-47で敗北し、リーグ戦連勝とはならなかった。
次戦は10月15日、大阪府鶴見緑地球技場にて近大と対戦する。

試合後のコメント
赤壁尚志主将(教4)「前半は粘って、天理大相手にプレッシャーを与えることができ、途中1度トライを決められたが自分達のプラン通りにゲームを進められていた。しかし後半は足が止まってしまい、一気に攻められてしまった。天理大との力の差を感じた。切り替えて次の近大戦に向けて全員で準備して勝ちたい」

このページの先頭へ