DSC_0978%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
<写真・今試合、リーグ戦初トライを決めた中>

10月15日、大阪府鶴見緑地球技場にて2017年ムロオ関西大学Aリーグ第3節が行われ、関学は昨年4位の近大に19-24で敗れた。
関学は前半4分、近大に先制されるも同25分FB中(商2)が一時逆転となるトライを決める。しかし近大に同27分、36分に立て続けにトライを奪われるなど、苦しい展開で前半を7-17で折り返した。反撃したい関学は後半13分にHO赤壁(教4)、同36分にWTB重吉(経4)のトライで詰め寄るも一歩及ばず19-24で敗れた。
次戦は10月28日、京都府宝ヶ池球技場にて昨年3位の京産大と対決する。

試合後のコメント
赤壁尚志主将「きょうは自分たちのミスとペナルティーで苦しい状態になり、相手の作戦にうまいことはまってしまった。これからどう立て直すかが大事。日々の練習の部分で自分たちにベクトルを向けて、京産大戦はみんなで勝ちにいきたい」

このページの先頭へ