20151024%25E5%25B0%2584%25E6%2592%2583%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・的を狙う小武家>

 10月24日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンターにて第62回全日本学生ライフル射撃選手権大会及び第 28回 全日本女子学生ライフル射撃選手権大会3日目が行われた。
 50m3×40M(50m三姿勢40発競技)ファイナルには小武家(商4)が出場。全国の舞台で関東勢が上位を占める中、関西の選手の中ではトップの成績となる5位に入賞した。
 また2日目に行われた50mP60M(50mライフル伏射60発競技)で関学は団体で3位入賞を果たした。大会は明日最終日を迎える。

試合後のコメント
全国5位入賞を果たした小武家裕介「ファイナルに出られなかった人の分も優勝を取りに行こうと決めていた。緊張を全くせずに自分ペースを保って撃つことは出来たが、的を狙おうという気持ちが強すぎて逆に的を外してしまった。ファイナルに出ることが出来るのは部員をはじめ、みんなの支えがあってのことなので感謝している」

このページの先頭へ