11月6、7日、神戸市立ポートアイランドスポーツセンターに於いて開催された、第56回西日本ショートトラックスピードスケート選手権大会。関学からは3選手が出場した。行われた競技は五百㍍、千㍍、千五百㍍の3種目。全種目で決勝進出を果たした選手こそいなかったものの、主将・北原良祐(商4)と石田千賀(法3)は三千㍍SF(スーパーファイナル)にも出場。北原は4位、石田は見事3位入賞を果たし、両名ともに12月の全日本選手権への切符を手にする。また、上岡誠(経2)も加えた3選手全員が、3月に行われる全日本選抜への出場権を獲得した。

試合後のコメント
北原「全体的な結果としてはまぁまぁ。2日目はエネルギーもなく、朝から疲労が残っていた。調子は上がってきているから、来週のユニバーシアード選考には気合いを入れて臨んでいく」

このページの先頭へ