11月5日~11月6日にかけて大阪プールアイススケート場に於いて行われた第57回西日本ショートトラックスピードスケート選手権大会。関学からは二人の選手が出場した。そして選手権女子500メートル、1000メートル、1500メートル全てにおいて石田が優勝。見事三冠に輝いた。

試合後のコメント
主将・石田千賀(法4)「全てで優勝することを目標としていたので、達成できて満足している。調子は悪くなかったが、少し疲れがあった。全日本では上位に食い込んでいけるよう、もっとレースに集中して頑張ります」

このページの先頭へ