4月21日、関西大学アイスアリーナに於いて第35回総合関関戦アイススケート競技前哨戦が行われ、52ー49で関大に勝利した。2006年以来、久しぶりの白星だ。スピード部門では34ー26と差をつける滑りを見せた。

〈詳細結果〉
フィギュア女子
6ー15

フィギュア男子
12ー8

スピード
34ー26


試合後のコメント
総主将・吉田行宏(商4)「新入生の底上げが勝利につながった。残りの選手生活は新入生の獲得に励み、全日本インカレに出場できる選手を育てたい」
スピード部門主将・上岡誠(経4)「新入生が戦力の補強となったが、この試合をきっかけに彼らの強さを生かしていきたい。今後は部全体が向上できる環境を作っていきたい」

このページの先頭へ