150405%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・4年連続で関関戦に勝利したスケート部員>

 4月5日、神戸ポートアイランドスポーツセンターにて第38回総合関関戦前哨戦が行われた。スピード部門では全種目で関大を上回り、71点を稼いだ。一方フィギュア部門では山本(理3)が2位と健闘したものの、総合で関大に差をつけられ、男女で14点と関大に11点及ばなかった。しかし、スピード部門で関大を圧倒したことにより最終結果では105ー95で勝利した。

試合後のコメント
総主将上枝佑多(経4)「みんなが高い目標を持ち関関戦に臨んでくれた。また、出場するしないに関わらず部員全員が今大会に重きを置き、引き締まって取り組んでくれた。これからも引き続き勝利していきたい」

このページの先頭へ