20151103%E3%80%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E9%83%A8%E9%96%80%E3%80%91.jpg
<写真・今大会14位となった山本>

 11月3日、愛知県日本ガイシアリーナにて、第41回西日本フィギュアスケート選手権大会男子シニアの部が行われた。関学からは山本(理3)、杉中(商2)、石橋(商2)がフリースケーティングに出場。全日本選手権への出場権10枠を狙ったものの、及ばず、3選手ともに全日本選手権進出とはならなかった。詳細結果は以下のとおり。

総合結果
山本 138.53 14位
杉中 130.40 18位
石橋 106.04 20位

試合後のコメント
関学勢最高位の14位となった山本拓海「点数は伸びなかったが、今自分ができることを出しきれた。シーズンに入ってなかなか調子が上がらない中、本番に調子を合わせられて良かった。ただ、シーズンの中で最も重要視していた西日本に合わせたが、それでもまだ足りなかった。月末の関西インカレでは男子団体優勝に貢献できるよう、できることをやりきりたい」

このページの先頭へ