151120%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2年ぶりに関西制覇を果たした男子>

 11月20日、大阪府臨海スポーツセンターにて第46回関西学生氷上競技選手権大会2日目が行われた。きょうは選手権女子の部が行われ、武井(商3)が準優勝、飯田(法2)が6位入賞を果たした。選手権女子の演技終了後、成績発表が行われた。A級女子団体が準優勝、B級男子団体が優勝し、男子団体は2年ぶりの関西制覇を果たした。
今大会の入賞者は以下の通り。

B級男子
4位 浜田純一(経3)
6位 大庭渉(法1)
A級女子
10位 青木まり(社4)
選手権女子
準優勝 武井美由季
6位 飯田澪

試合後のコメント
総主将上枝佑多(経4)「男子は部員が少ないため、優勝できるか不安だったが、1年間目標としていた団体優勝を果たせてうれしい。ただ、男女団体優勝を果たせなかったことは悔いが残る。男子B級が特に頑張ってくれたので上の級もいい刺激を受け、チーム一丸になれた。今大会は目標の半分しか達成できなかったので、来年こそは男女団体優勝を果たしてほしい」

このページの先頭へ