20151205%E3%80%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E9%83%A8%E9%96%80%E3%80%91.jpg
<写真・自身初のA決勝に進出し、6位となった横山>

 12月5日、愛知県日本ガイシアリーナにて、2015ISUワールドカップショートトラック名古屋大会の2日目が行われ、日本代表横山大希(経4)は1500㍍に出場した。今大会、開催国枠により1500㍍は本選スタートとなった横山。準決勝では中盤で転倒するも、救済措置が取られ、自身初のA決勝進出を果たした。A決勝では序盤、レースを引っ張るも最後は6位でレースを終えた。
 最終日となるあすは1000㍍に出場する。

試合後のコメント
横山大希「序盤はいいレースができたが、最後に近づくにつれて、するすると抜かれてしまった。初めてのA決勝では、やはりB決勝よりレベルが高かった。日本開催ということで多くのお客さんが来てくれた中で、A決勝ではいいレースを見せられなかったが、そこまではショートトラックの魅力を伝えられたと思う。今回感じたトップとの差を2年後の平昌五輪までにつめていく。あすの1000㍍ではメダルを狙っていく」

このページの先頭へ