160619%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・5連覇を達成し、笑顔を浮かべる部員たち>

 6月19日、関西大学高槻アイスアリーナにて第39回総合関関戦が行われた。総合成績91.43773ー85.48535で関学が勝ち、関関戦5連覇を成し遂げた。
 スピード競技、フィギュア競技の両部門で競う関関戦。関学はスピード競技では全種目で1位となり関大を圧倒。フィギュア競技では男子で山本(理4)が2位、女子で武井(商4)が3位と上位に食い込んだ。

試合後のコメント
総主将浜田純一(経4)「スピード競技の絶対的なエースが卒業したため、フィギュア競技に比重がかかっていた。そんな中でも、スピードの選手が全種目で1位を取ってくれ、フィギュアでは山本が2位に食い込んでくれた。全員の総力で勝てた関関戦だと思う。だが、今年の目標である部門を超えた一体感はまだまだなので、ミーティング合宿などで、アプローチをしていきたい」

このページの先頭へ