160924%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・1500㍍準決勝で先頭に躍り出る小山(中央)>

 9月24日、新潟アサヒアレックスアイスアリーナにて第27回全日本ショートトラック距離別選手権大会1日目が行われた。
 関学からは唯一小山(人3)が出場。まず1500㍍が行われ、準決勝で惜しくも3位となりB決勝へ。2位と差をつけて1位となり、W杯日本代表選考に関わるポイントを獲得した。しかし、500㍍ではスタート直後に隣の選手とエッジが接触し体勢を崩してしまう。最後に追い上げを見せるも3位で予選敗退となった。
 あすも同会場にて2日目が行われる。

[男子1500㍍]
予選5組 転倒も救済措置が取られ準決勝進出
準決勝1組 3位 2.21:685
B決勝 1位 2.22:146

[男子500㍍]
予選4組 3位 43.437

試合後のコメント
関学から唯一出場の小山陸「全体的に微妙な感じになってしまった。1500㍍ではB決勝の時点でポイントは1位でも2ポイント。それでも、やれることはやっておきたかったので自分のレース展開ができたと思う。あすの1000㍍で優勝しない限りW杯日本代表は難しいが、このまま半年間やってきたことを出せずに終わりたくないので積極的なレース展開を見せたい」

このページの先頭へ