image2.JPG
<写真・関学勢トップの6位となった渡邊>

 10月8日、大阪府臨海スポーツトレーニングセンターにて2016近畿フィギュアスケート選手権大会の男子ショートプログラムが行われた。
 関学からは渡邊(商1)、石橋(商3)、杉中(商3)、山本(理4)の4選手が出場。各選手とも転倒などのミスが目立ち、下位に沈んだ。渡邊の6位を最高位とし、10日に行われるフリースケーティングに臨む。
 個人成績は以下の通り。

渡邊純也  6位 47.16
山本拓海  7位 45.16
杉中建人  8位 45.11
石橋健太 10位 35.85

試合後のコメント
山本拓海主将「調子は良かったが、始まる前に足をつってしまい本来の演技ができなかった。まさかこんなことになるとは思わなかったが、1日空いてフリーがあるのでしっかりと体を休めてパーフェクトの演技を目指す」

このページの先頭へ