161009%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.jpg
<写真・気迫の演技で観客を魅了した武井>

 10月9日、大阪府臨海スポーツトレーニングセンターにて2016近畿フィギュアスケート選手権大会の女子ショートプログラムが行われた。
 関学からは8選手が出場。武井(商4)がスタンディングオーベーションを巻き起こすなど会心の演技を見せる。最終順位で武井が6位、松村(人2)が14位と関学勢が上位に食い込んだ。
 あす西日本選手権への出場権をかけ、フリースケーティングに臨む。
 本日の個人成績は以下の通り。

6位  武井美由季 48.69
14位 松村日南子 42.09
19位 石田雛乃(商2)37.09
20位 飯田澪(法3)36.43
22位 芳野奈々子(神1)33.95
24位 須田華菜子(人1)32.98
27位 森脇里奈(人4)30.52
31位 中野沙優香(社1)26.34

試合後のコメント
関学勢最高位の6位についた武井美由季「点数はあまり良くないけど、演技自体は率直にすごくうれしい。とても緊張していて、普段しないようなミスを練習の時にしてしまったが逆にそれで浮ついていた気持ちが落ち着いた。フリーでは曲に思いをのせて3回転トウループを成功させたい」

このページの先頭へ