161022%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.jpg
<演技前、リンクサイドの仲間に笑顔を向ける塩田>

 10月22日、大阪府臨海スポーツトレーニングセンターにて第10回西日本学生フィギュアスケート選手権大会の女子Bクラスが行われた。
 関学からは唯一塩田(総1)が出場。2年半のブランクを経て緊張の面持ちでリンクへ。転倒などのミスもあったが、声援を背に最後まで全力で滑り切った。塩田は得点32.08。37位で今大会を終えた。
 あすは男女Aクラスが行われ、関学からは8選手が出場する。

試合後のコメント
2年半ぶりの公式戦出場となった塩田愛菜「練習不足で演技自体は良くなかったけど、昔にこけてからトラウマだった2回転ループを降りれたことは収穫。高校2年の時に一度辞めて、2年半ぶりの公式戦ということもあり緊張したが、関学の応援が力になった。次の関カレでは入賞を目指す」

このページの先頭へ