20161030%E3%80%90%E3%81%99%E3%81%91%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%B6%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E9%83%A8%E9%96%80%E3%80%91.jpg
<写真・演技後、ガッツポーズする渡邊>

 10月30日、京都アクアリーナにて、第42回西日本フィギュアスケート選手権大会3日目の男女フリースケーティングが行われた。関学からは5名が出場。男子は渡邊(商1)が自己ベストとなる118.08を記録し、きのうから順位を2つ上げて総合6位となった。この結果、渡邊は年末に行われる全日本選手権への出場が決定。一方石橋(商3)、杉中(商3)、山本(理4)は下位に沈んだ。また、女子で唯一出場した武井(商4)はミスが多発し得点を伸ばせなかった。
 関学勢の結果は以下の通り。()内はフリーの得点

[男子]
6位 渡邊純也 172.89(118.8)
15位 山本拓海 131.66(83.15)
17位 杉中建人 131.49(87.87)
18位 石橋健太 104.72(67.54)

[女子]
20位 武井美由季 117.28(69.47)

試合後のコメント
6位で全日本選手権出場を決めた渡邊純也「練習量は詰めていたので、思い切りやろうと思って臨んだ。やれることはやったし、得点にも満足している。きょうの演技は自信になった。(全日本選手権に向けて)持ち味のスケーティングや表現力をもっと磨き、ジャンプにも安定感を持たせたい。上位を狙えるプログラムをあと2ヶ月でつくっていく」

このページの先頭へ