S__271736834.jpg1.jpg
<写真・1500㍍準決勝で先頭に躍り出る小山>

 1月8日、北海道真駒内セキスイハイムアイスアリーナにて第39回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会の1日目が行われた。関学からは唯一小山(人3)が出場。まず1500㍍が行われ、準決勝で4位となりB決勝へ進んだが思い通りのレースができず、8位に終わった。その後に行われた500㍍の予選では残り1周で後ろの選手に抜かれ3位となり予選敗退となった。

 あすは同会場にて2日目が行われる。

[男子1500㍍]
予選3組 3位 2.25:370
準決勝1組 4位 2.21:480
B決勝 8位 2.22:197

[男子500㍍]
予選1組 失格

試合後のコメント
関学から唯一出場の小山陸「きょうは1500㍍も500㍍も自分のレースが下手だったと思う。エッジがおかしくなってしまい、思い通りの滑りができず道具の面でもついていなかった。初日は惨敗でまだ0ポイントだから、あすはとにかく着順を上げていかないといけない。エッジがどうなるか分からないけど、失うものは何もないから積極的なレースをしていきたい」

このページの先頭へ