170109%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・男子1000㍍予選 先頭に立つ小山>
 
 1月9日、北海道真駒内セキスイハイムアイスアリーナにて第39回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会の2日目が行われた。関学からは小山陸(人3)が出場。本日行われた1000㍍は予選で敗退。最後の1周を迎えるまでは準々決勝進出圏内に位置するも最後で後退し、3着に終わった。この結果、1000㍍では17位。総合では22位と昨年の7位から大きく順位を落とした。

[男子1000㍍]
予選4組 3位 1.28:244

試合後のコメント
総合22位に終わった小山陸「きょうはきのうの結果もあり、レース前に悪いイメージをしてしまった。自分としてはメンタルを克服したと思っていたが、プレッシャーがかかると体が動かなくなる。克服するのはなかなか難しい。2月には単身で韓国合宿に行こうと思っている。強い選手と練習し、しっかり調整して来年の強化指定選手を目指して3月のジャパントロフィーに臨む」

このページの先頭へ