170318%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.JPG
<写真・笑顔で集合写真に写る選手たち>

 3月18日、京都アクアリーナにて第65回関西学生氷上競技選手権大会が行われた。個人では中野(理3)が1500㍍、小山が3000㍍で関西制覇。女子3000㍍リレーでは同大との一騎打ちとなるも半周差をつけての優勝を飾った。対校順位は女子が9連覇を逃し、準優勝。男子が3位となった。今大会をもって梅木前主将(経4)、川端前総主務(文4)は引退となる。
3位以内の選手は以下の通り。

女子500㍍
2位 梅木恵里子
男子1000㍍
3位 橋本啓嗣(経2)
女子1000㍍
2位 中野和香子
男子1500㍍
3位 小山陸
女子1500㍍
1位 中野和香子
男子3000㍍
1位 小山陸
女子3000㍍
2位 梅木恵里子

試合後のコメント
今大会をもって引退となる梅木恵里子前主将「9連覇を逃してしまった悔しさはあるが、最後のリレーで関西制覇をできて最高の引退試合だった。この4年間はしんどい時期の方が多かったけど、スケート部の仲間に支えられた。この部に入って一生の宝物ができた。(後輩へ)1年生は入部してくれてありがとう。2、3年生には今まで以上にもっといい部にしてほしい。(同期の川端へ)自分がどんな道を選んでも支えてくれてありがとう」

このページの先頭へ