170506.jpg
<写真・6連覇を達成し、笑顔を見せる部員たち>

 5月6日、兵庫県尼崎スポーツの森にて第40回総合関関戦前哨戦が行われた。総合成績73-48で関学が勝利し、6連覇を成し遂げた。スピード競技、フィギュア競技の両部門で競う関関戦。関学はスピード競技では全種目で1位となり関大を圧倒。フィギュア競技では男子で杉中(商4)が2位、女子では芳野(神2)が3位と上位に食い込んだ。

試合後のコメント
中野和香子総主将(理4)「6連覇を達成できて素直にうれしい。特に下級生が頑張ってくれて、練習以上のものを見せてくれた。みんなの成長を見ることができてとても良かったし、うれしかった。去年は関カレで負けてしまったから今年は勝てるよう一つになって頑張っていきたい」
フィギュア部門主将の杉中建人(商4)「観客も多くて緊張したけれど、思い切り演技をすることができた。きょうはスケーティングなどの表現力を意識して試合に臨んだ。その中で良かった部分もあったけれど、まだまだ改善点がある。課題をシーズンまでにきちんと修正して、今年は全日本選手権に出られるように頑張りたい」

このページの先頭へ