20160309%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・クロカン女子リレーで2位をとった選手たち>

 3月9日、長野県野沢温泉スキー場にて第86回全関西学生スキー選手権大会最終日が行われた。クロスカントリー競技では女子リレーが2位、男子リレーが5位となった。またきょうで今大会、関学は総合成績で男子1部4位(全10校)、女子1部では3位(全30校)に輝いた。

試合後のコメント
主将中川智貴(総4)「全関西大会が終わって“終わってしまったな”と率直に思う。最後の円陣を組んで、校歌を歌ったときにやはりこのチームはいいと思った。来年は、次期主将秋山(総3)なりのチームを作ってほしい」
クロスカントリー女子リレーで最終走者を務めた大島かなえ(人4)「今大会に来ていない親、コーチ、OBOGなど多くの人に感謝している。苦難の多かった4年間だったが、最後はがむしゃらに競技をすることができた」
3校を抜いた西紋あかり(法4)「学生最後の試合で悔いの残らないように滑ろうと思った。得意な距離だったので自信はあった。色んなことがあった4年間だけど、今日表彰台に立ててよかった」

このページの先頭へ