8月15日、キンチョウスタジアムにて第38回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント準決勝が行われ、関東第5代表の流経大と対戦。PK戦の末、0-0(PK3ー4)で敗れた。
 両者共に互角の戦いを見せ、前後半をスコアレスで折り返す。延長戦に突入するも決着が付かず、PK戦へ。ピッチ、ベンチ、スタンドが肩を組み、チーム全員がひとつとなったが、惜しくも3ー4で敗れた。しかし、関学は史上初の総理大臣杯第3位となった。

試合後のコメント
主将DF福森直也(人4)「チーム目標である日本一を達成できず、悔しい。学生で日本一を取れる大会は12月の全日本インカレしかないので、全日本インカレでは必ず日本一を取れるように強いチームにしていきたい」

140815soccer-m.jpg

このページの先頭へ