150629%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・児童たちにボールを出す中元>

 6月29日、関西学院初等部にてサッカー部が初等部教室を行った。まず3チームに別れてサッカーの基本となるシュート、パス、ドリブルの練習。その後部員たちとの試合形式のゲームを行い、児童がゴールを決めると歓声が上がる場面もあった。終始、笑顔でボールを蹴る児童たちの姿が見られた。

教室後のコメント
サッカー部のアクティビティ担当として今回の企画に携わった中元勇輝(商4)「サッカーをしている子、していない子が混じった教室は初めて。初めてサッカーをした子と経験している子とがやれるのかという不安があった。今回の初等部教室ではサッカーに触れるということを重点に置いた。サッカーではシュート以外のパス、ドリブルが大事だと伝えられたと思う」

このページの先頭へ